NingBo BeiLun Meank Magnetics Co., Ltd
+8657486220016 +8657486220016

情報通信学会 株式会社サロンメイル

製品
お問い合わせ

保磁力と磁性を改善するためのセリウム鉄‐ほう素合金ストリップの製造技術

本発明は、保磁力及び磁気エネルギー生成物を改善するためのセリウム鉄ホウ素磁石合金ストリップを開示する。セリウム鉄‐ほう素磁石合金ストリップの化学式はceである。

技術背景

レアアースNdFeB永久磁石材料には優れた性能と幅広い応用があり,需要は年々増加している。ndfebのndのコストは,全ndfeb磁石の約90 %を占める。希土類鉱床の共生と限界埋蔵量のため,ndfeb磁石の需要増加に伴い,nd元素の価格は年々上昇しており,高い豊富さと低価格の希土類元素が過剰に貯蔵されている。セリウム鉄ほう素磁石の性能が劣っているので、NdFeB磁石はCeFeB磁石に置き換えることができず、Ce - Fe - B磁石の開発にはCeFeB磁石の性能を向上させるための前提条件である。したがって、この問題を解決するためには、新しいセリウム鉄ボロン合金ストリップが必要である。

技術開発思想
従来技術の欠陥を解決するために、保磁力および磁気エネルギー生成物を改善することができるセリウム−鉄−ホウ素合金ストリップの一種が提供されている。この目的を達成するためには、保磁力および磁気エネルギー生成物を増加させたCe−Fe−B合金ストリップの技術を採用する。ce 2 fe 14 b合金ストリップの化学式はce 2 fe 14 b(ndal)xで,xは0である。1番。2または0。3または0。さらにXは0.3である。このとき、合金ストリップの保磁力は最大であり、最大の磁気エネルギー生成物は最も高い。Ce 2 Fe 14 B(NdAl)0.3合金ストリップの磁気的性質は、Br=8.15 kgs、HCJ=(6.61)KOe、BNP(max)=11.48 mgoである。さらに、CeFeB合金ストリップは、600℃(±10℃)で10 min−60分間熱処理される。熱処理後,十分なce 2 fe 14 b相を形成し,ce 2 fe 14 b相は十分小さい。十分な残留性が形成される条件で十分な保磁力が得られる。また,ce‐fe‐b合金片を600℃で20分間熱処理した。熱処理後,比較的ce 2 fe 14 b相が形成され,ce 2 fe 14 b相の粒は小さかった。

技術概要

1 .本発明は、Ce 2 Fe 14 B合金ストリップの化学式がCe 2 Fe 14 B(NdAl)Xであり、xが0であることを特徴とする、保磁力および磁気エネルギー生成物を増加させるセリウム鉄ホウ素合金ストリップに関する。1番。2 . 03または0。4 .
2 .保磁力と磁気エネルギー生成物を増加させるセリウム鉄‐ほう素合金ストリップはxが0 . 3であることを特徴とする。
3 .保磁力と磁気エネルギー生成物を改善するセリウム鉄‐ほう素合金ストリップは,セリウム鉄‐ほう素合金ストリップを600℃(±10℃)で10 min‐60 min熱処理したことを特徴とする。
4 .保磁力と磁気エネルギー生成物を改善するセリウム鉄‐ほう素合金ストリップは,セリウム鉄‐ほう素合金ストリップを600℃の温度で20分間熱処理することを特徴とする。

fabrication-technology
関連記事