NingBo BeiLun Meank Magnetics Co., Ltd
+8657486220016 +8657486220016

info@meank-magnet.com mkmagnet@yahoo.com

製品
お問い合わせ
  • +8657486220016
  • info@meank-magnet.com
  • 1階、No.128ビル1 128#、Jijin Road、XiaoGang Street、Beilun district、Ningbo City、China

ネオジム - 鉄 - ホウ素:Dyを滲出させる技術はまだ出ていないのか?

これは、2010年に希土類価格の急騰が激化した中国の技術である。実際、Dyの使用を減らすことによってお金を節約することができました。日本の専門家は、ネオジム鉄ホウ素磁石、結晶粒清澄、および粒界拡散法でDyの投与量を減らす方法があると語った。結晶粒微細化はDy含有量を約1〜2%削減することが期待され、粒界拡散法は約2〜3%削減することが期待されている。合計計算量は5%削減できます。

現在、多くの中国のNdFeB磁石会社は、浸透Dyの技術を勉強しようとしている、いくつかはすでに成功している、いくつかの企業はまだ突破しようとしています。専門家によれば、この技術にはボトルネックがあり、小さな磁石でしか使用されておらず、ジスプロシウムの深さの浸入は非常に浅く、プロセスコストが高すぎます。

しかし、最近、米国エネルギー省のエイムス研究所がニュースを公開し、高価なジスプロシウムの代わりに電気自動車の電動機や風力タービンに使用できる新しい磁石材料を開発し、その性能はより優れており、より低コストです。この技術は、透磁率の高いdy技術よりも高いと確信しており、NdFeBマグネットの大型サイズで使用できます。

この材料は、従来の焼結ジスプロシウム金属と比較して、NdFeB(ネオジム、鉄、ホウ素3元素からなる)にセリウムおよびコバルトを添加することであり、セリウムおよびコバルト元素は低コストで同じ磁気特性を有する。セリウムとコバルトをネオジム鉄ホウ素磁石に添加した後、高温条件下では依然として良好な磁気特性を有し、その保磁力(固有保磁力)T≧453K(最高温度は約180℃であった)

マイアミ大学のAmes実験室Arjun PathakとMahmud Khanの一連の試験では、高温の条件下で、セリウム含有磁石の保磁力が磁性材料の反磁化能力であり、材料にはジスプロシウムが含まれ、その価格は後者よりも少なくとも20%〜40%安い
•以前の研究者は、希土類磁石にセリウムを使用しようとしましたが、失敗しました。これは、キュリー温度(キュリーとも呼ばれ、磁石が強磁性相から常磁性相に変化する相転移温度)が低下したためです。しかし、研究グループは、ジスプロシウムの代わりにコバルトとセリウムの元素を混ぜると、磁石が磁気を失わないことが分かった。

関連記事